[PSVR] The Inpatient-闇の病棟-

fc2bTheInpatient_top.jpg

私が今ハマっているPSVR専用ソフト『The Inpatient-闇の病棟-』について書きます。

思ったのだけど、PSVRのソフトって個人によって感じ方が違うせいかネットのレビューってあてにならないなと、個人的には感じます。プレイ環境にもよるし、通常PS4とPS4PROでも違うし。

この作品も評価がバラバラで実は買うのを迷ったんです。評価悪くても欲しいゲームは買うタイプなのですが、VRとなると躊躇。

しかし私は『Until Dawn-惨劇の山荘-』のファン。それを手掛けたSupermassive Gamesの作品、そしてUntil Dawnの前日譚とのことでやっぱり買いました。<当ブログUntil dawnの記事はこちら

スクショ整理が間に合わなかったので、取り急ぎこのソフトが買いかそうでないかを今日は書きます。

闇の病棟を買おうか迷ってる方へ

問:Until Dawn-惨劇の山荘-は遊びましたか?

A.遊んだ、面白かった→これも買え
B.遊んだけど面白くなかった→たぶんこれも楽しめない
C.遊んだけどよく覚えてない→もう一度やる気があるならこれも買ってセットでやれ
D.遊んだけど暗転じゃん→これにグロはない。山荘の暗転だけでやる気が削がれたならこれもたぶん合わない
E.遊んでないけど興味があった→選択で進むADVものが平気ならこれとセットで買って欲しい
F.遊ぶつもりはない→資料やステージが繋がっているのでおそらくこれは楽しめない
G.遊ぶつもりはないけどホラーVRやりたい→お化け屋敷探索だけで良いならセールを待て


と、いうわけで、思っていた以上にUntil Dawnと繋がっているんです。なので、遊ばずにこれをやるといまいち内容がよくわからないし微妙だと思います。VRで進む場所は山荘で通った舞台なので、山荘をやった後だとちょっとした感動があります。病棟をやった後に山荘、でも良いと思います。ただ山荘も病棟も周回プレイを前提とされているのでちょっと時間がかかります。

ホラーっぷりは前半に集中、でも初見では何が起こるかわからないので「進みたくないよー怖いよー」感がかなりありました。最初の性別選択と、会話の選択の分岐によってはホラーなラストになります。

山荘で売りだったバタフライ・エフェクト、今回もいまいちよくわかりません。売りにしているわりには微妙という。何となく思うのは、会話選択が英語でのニュアンスと日本人のニュアンスに誤差があるんじゃないかなーと…関係ないかな。ちなみに国内版は日本語音声・字幕のみで英語選択はできません。

台詞を読み上げて進める音声プレイができるので演劇ごっこもできます(?)

PSVRの『Until Dawn: Rush of Blood』とは何ら繋がっていません。だけど怖さはあちらのほうが上かな?

山荘もかなり画質が良かったですが今作もかなり良いです。音も。山荘の日本版は通称「暗転ドーン」となってしまっていますが、このVRでも視点切り替えや場面切り替えの都合上か暗転が入ります。わざとか?日本への皮肉?w

オールドミュージックが流れる古い療養所、アンティークなエレベーター、雪が舞う壊れた病棟と雰囲気は凄く良いので、山荘をやっていないと完全に把握できない作りがちょっと残念。逆に山荘買えとPRになるのだろうか?

最初の方に書きましたが他人のPSVRプレイレビューはあてになりません。
あなたの目で確かめて下さい(キリリ

でも個人的にはめちゃくちゃ楽しんでます。次回山荘と病棟の繋がりを追います。








Comments 2

There are no comments yet.
283cat  
良記事

真面目なレビューで普通に感心してしまった。

2018/01/31 (Wed) | EDIT | REPLY |   
ブログ主  
Re

> 真面目なレビューで普通に感心してしまった。
今までが不真面目みたいじゃないですか!
コメントありがとうございました。

2018/01/31 (Wed) | EDIT | REPLY |   

Leave a reply



2016.06.08設置

※当ブログの文章・写真の無断転載および無断リンク禁止※