『Until Dawn-惨劇の山荘-』と『The Inpatient-闇の病棟-』の繋がりネタバレ

udti_1.jpg

間にHidden Agendaが入ったものですっかり影が薄くなってしまいましたが、『Until Dawn-惨劇の山荘-』と『The Inpatient-闇の病棟-』の繋がりについて書きます。

※未プレイでプレイ予定のある方はネタバレ注意※

以下「Until Dawn=山荘、The Inpatient=病棟」と書きます。

本記事トップ画像は山荘のマイクと狼です。病棟には黒い狼がちょい役(?)ですが出ています。山荘で黒狼はウェンディゴにやられてしまっていました。まぁ年齢的に同一狼ではないだろうけど。病棟でも狼触れたら人気出てたと思うの。ホラーの中の癒やしよ。

病棟は山荘の60年前の出来事です。ストーリー内容はここでは省きます、山荘の内容をざっくりと書いた記事はこちら

udti_2.jpg

基本的に療養所の廃墟を探索するマイクが病棟との繋がりに触れています。上の画像の場所は病棟VRで通る教会と療養所を繋ぐ通路。事件(事故?)後に封鎖されたようです。VRでは暗すぎてほぼ何も見えない通路です。ウェンディゴ登場場所なのにろくに見えないっていうもったいないシーン。

ugti_3.jpg

療養所内に出入りするレバー式の扉。山荘ではギリギリ動きました。鉄の戸は途中までしか開かなかったけど。

ugti_4.jpg

病棟VRでデイビッドが開閉します。暗くてよく写ってないっつの
あ、画像に病棟の文字入れ忘れた


上のように山荘と病棟VRの画像でお送ります。小さくて暗くてろくに見えない画像が病棟VRです。

ugti_5.jpg

療養所内ホール(?)吹き抜けの大きな空間。山荘ではここでウェンディンゴが登場してマイクが活躍する場面です。マイクパートはけっこう楽しい、マイク自身は実は屑だけど。

ugti_6.jpg

そのホールの60年前がこちら。だから真っ暗で何も見えないっつの。編集で明るさ上げてもこれ。ここVRでいきなり歩行がかなり遅くなるんだけど、「見て見て~山荘で出て来た場所だよ~」って見せるために異様にゆっくりなんでしょうか?それならもっと明るく…暗すぎて見えやしない。ただ初めてVRで通った時は「あーここマイクのあのシーンの!」とけっこう感動しました。

ugti_7.jpg

炭鉱作業員がいた病室の壁の文字。これは山荘で見たのをよく覚えていたので、病棟VRでちゃんと描かれていて妙にホッとしました。

ugti_8.jpg

60年前はまだ書きたてという感じですね。ここで突っ立ってると、デイビッドに「炭鉱作業員がいた部屋だ…」と言われます。近づいてもVRでスクショ撮ると遠くに写っちゃうのよね。


ugti_9.jpg

マイクが療養所の廃墟内で見つける古い新聞記事。60年経過しているわりにはしっかりしていますね。

ugti_10.jpg

山荘の資料一覧で詳細を見ると、1952年1月9日にこの新聞社の記者チャック・バーンスタインが療養所の炭鉱作業員に取材するために向かった所、警備員に暴行を受けたというもの。この暴行を受けたのが病棟VRのプレイヤー?とも思ったのだけど、病棟主人公が療養所に潜入し捕まったのは1月14日なので違うと思われる。それともリベンジで潜入したのか。

ugti_11.jpg

病棟の記憶内でビクターにこの新聞紙をトントンされ「ブラッグはこういうのを嫌う」と言われます。やはり記事を書いたのがプレイヤーなのでしょうか。「我社の記者が暴行され」と書いてあるし。そして医師の服装を借りて乾杯している時にビクターに「前の奴は失敗したがうまくやれよ」とも言われるので、失敗した記者の事なのかしら?。

ugti_12.jpg

病棟で60年前にプレイヤーが治療を受けていた部屋。こんなに色々置いてなかったはずだけど。

ugti_13.jpg

これも炭鉱作業員の部屋で見つけられる資料。医師の報告書。診断書?

ugti_14.jpg

見覚えがあったので「ちゃんとある!」とちょっと感動したアイテムではあります。コップを置いたらしき跡がいい味出しています。

ugti_15.jpg

しかし山荘の資料一覧で詳細を見るとどうもおかしい。この報告書の日付訳が「1952年7月1日」となっている。2月下旬には療養所はウェンディゴに支配されているので、偽造?でも偽造して病室に放置してたら意味無いし…と、カルテの日付の書き方をよく見てみた「07.01.1952」 あーこれは、ソニーの日本語スタッフやっちまったな。開発のSupermassive Gamesはイギリスの企業です。イギリスの日付の書き方は基本的に「日、月、年」。なのでこれは「1952年1月7日」が正しい。それなら辻褄がきちんと合う。炭鉱作業員達が救出されたのは1月5日なので。しかしブラックウッド山はアメリカでは…?Supermassive Gamesもやっちまったな!それとも診断書だからドイツ語?わからん

ugti_16.jpg

拘束されている作業員がウェンディゴに変化する時を記録した映写機、マイクが訪れた時のほうが何だか綺麗に見えます。椅子が片付けられています。60年前は並んでいた気がするけど。映写機が警察等に回収されていない所見ると、ウェンディゴがいるから立入禁止にしただけでしょうか。

ugti_17.jpg

病棟の時の映写機。だから暗いっつの、もう何度目w。

ugti_18.jpg

病棟でプレイヤーが見た映像と同じもの。60年前の病棟での場面はこちら病棟プレイ記録内。このフィルム、なにげに一番不気味だと思う。リアルでも古い白黒の早送り状態のフィルムが苦手です、何か不気味で。学校の歴史の授業で戦争のフィルムとか兵士の斬首映像とか巨大スクリーンで見せられたの軽くトラウマ。今だったら大問題だね。

ugti_19.jpg

地下の上部だっけか。中央のは換気口で良いのかな。

ugti_20.jpg

デイビッドと出会った所。これは山荘で、上に貼ったマイクのシーンをよく覚えていたので「あそこだぁあ!」と感動しました。こういう風に感動してる人、世界に何人いるんだろうか。

ugti_21.jpg

マイクが机下に隠れ動かずウェンディゴに見つからないように逃げ切る場所。ここも印象的。

ugti_22.jpg

病棟ではデイビッドと共にブラッグ達のいる所へ向かう途中に通ります。まぁまた真っ暗でろくに見えないんですが

前述の中央ホールみたいな吹き抜けの場所もそうだけど、山荘のウェンディゴ出現ポイントは病棟VRでも何かチラ見せして欲しかった。

ugti_23.jpg

マイクが小部屋で見つけるミイラ化した遺体。ブラッグです。この場面すっかり忘れてて、病棟の後に山荘を久々にプレイした際に「そっか!この人ブラッグなのか!」とこれまたちょっと興奮しました。こういう部分を見ても、やはり病棟は山荘をしっかり遊んだプレイヤーにしかわからない内輪ネタみたいなのが満載なのです。

病棟VRでブラッグも一緒に逃げるルートがあるのではないかと色々試すプレイヤーがいそうですが、60年後にこうなっているのでブラッグを連れて逃げるルートはないということになります。

ugti_24.jpg

病棟でプレイヤー達と別れた時のブラッグ、このままこの場所に留まり服毒自決したようです。ウェンディゴが来ない安全圏で「もうこうなってはどうしようもない」とかなんとか言って何も行動しなかったじじい。ベネットが「あの二枚舌野郎」と怒りまくるのもわかります。

ugti_25.jpg

山荘で入手できる資料、ブラッグの遺書。「この地獄は私の遺産だ」 ほーん。

ugti_26.jpg

山荘でアシュリー達が通り掛かる地下の屠殺兼調理場のような所。

ugti_27.jpg

病棟では「記憶」のポイントであり、記憶の中で主人公がビクターと乾杯した場所。真っ暗だけどね。

ugti_29.jpg

山荘の時を遡ってお送りしております。山荘のケーブルカー近くで見つけることができるおたずね者の貼り紙。容疑者は「ビクター・ミルグラム」。実はこれはジョッシュが「山に殺人鬼が潜んでいる」と思わせるために仕込んだ偽の貼り紙ということでした。

ugti_30.jpg

病棟でのホテル管理をしている人物の名前は「ビクター・ミルグリム」一文字違いです。もう何ですかねこのマニアックな小ネタ。

ugti_31.jpg

山荘でジョッシュが殺人鬼のふりをしていた時の作業着のような衣装。

ugti_32.jpg

ビクターの服装です。60年前のビンテージ物とはちょっと思えないのでファンサービスなんでしょうか。こんなのがぁ?

ugti_33.jpg

これは接点とはちょっと違うかもだけど、山荘のケーブルカー。小さめ。

ugti_34.jpg

病棟時代のものとはさすがに違いましたが、60年前のほうがおしゃれで広くて近代的にも見えます。

ugti_35.jpg

その他ビリー・ベイツの写真や葉書、マスクなどが山荘の炭鉱で見つかり、資料一覧からも確認できます。

ugti_36.jpg

これも山荘での資料、「1952年2月24日付けの簡易墓標 療養所のウェンディゴが(職員を)皆殺しにしたようだ」とのこと。病棟で最後に見たカレンダーの日付は2月16日で×印が止まっていたけど、ベネットが「あれから一週間」とも言っているので不明。

山荘のマイクパートでわかりますが、療養所内牢屋のような所にウェンディゴ4~5匹(人?)が鎖に繋がれていました。おそらく60年前に凶暴化し始めた患者を入れていたと予想。病棟では一切その辺の話は出てきません。そしてマイクや他メンバーを襲うウェンディゴが計5匹くらいはいたはず(同一ウェンディゴかわからないが)。転化途中でホルマリン漬けにされていた者も存在。それと資料によると火炎放射器のおっちゃんが何匹か殺してる。病棟でベネットは「救出された炭鉱作業員は12人」と言っていた。…何か、そう考えると山荘でのウェンディゴの数が多かった気がしますが…療養所の職員がなった?

ugti_37.jpg

さて山荘の冒頭部分になりました。ハンナとベスが雪の中で何かに追われ逃げているシーン。

ugti_38.jpg

何かが二人に迫っています。

ugti_39.jpg

自分ですね。 病棟の主人公ウェンディゴENDで見られる映像です。


おしまい。


「え…それだけ?」



「はい!^^ 」

何かマイナー作品のコアなファンのためのロケ地巡りみたいな。山荘と繋がっているのが売りなら、ウェンディゴがもう少し活躍してくれれば良かった。それときっかけとなった炭鉱のシーンは全く無しというのが何だかね。まぁVRで炭鉱とかもっと何も見えなさそうですが。

Until Dawnはリベンジとして2を作って欲しいです。マイクが療養所を爆発させてウェンディゴの肉体は焼いたけど逆に霊魂を放出させちゃったので、今でもブラックウッド山にウェンディゴの魂は彷徨い続けています。そういうわけなので続編はいくらでも作れるかとw

以上です。

そういえば病棟考察記事追加訂正入れました。いやびっくり、ゴキ食べルートでも主人公生き残るパターンは初めてやった。








Comments 2

There are no comments yet.
283cat  

日付のとこよく見つけましたな。
ローカライズしたとこに教えてあげて。
ここまでくると沼だよ。
スーパーマッシブ沼。
マネタイズ頑張って。
収益でるとモチベーションが違うから。

2018/02/24 (Sat) | EDIT | REPLY |   
ブログ主  
いつもコメ、励みになっております

283catさん
ありがとうございます。
> ローカライズしたとこに教えてあげて。
どうやって教えるの…ていうか「暗転」ドーン放置の所だからもうだめっぽw
> スーパーマッシブ沼。
沼って隠語?と検索してしまいましたw
あーはい、もう沼にズブズブ。好きっすねー何か色々アバウトな所も好きなのかもしれません。
映像と音と音楽・選曲がいいのが惚れる。
> 収益でるとモチベーションが違うから。
あざっす!…でも駄目みたい、やっぱり私には向いてないっぽい(´Д⊂ヽ
そもそもここfc2無料ブログでは駄目っぽ。
広告関係なく以前からブログ引っ越そうかなーとは本気で検討してたのですが、スカイリム(下ネタ前提)書くならここしかないし、私からスカイリムを抜くとたいした需要もない記事だしなー…と。VRもまだまだ持ってる人少ないし。
最近スカイリム記事書かなくなって、地味にアクセス減りましたw

2018/02/24 (Sat) | EDIT | REPLY |   

Leave a reply



2016.06.08設置

Designed by Akira.

Copyright © ★dumb-bunny gamer★ All Rights Reserved.

※当ブログの文章・写真の無断転載および無断リンク禁止※