『The Inpatient-闇の病棟-』記録あとがき

さて、全く需要のない『The Inpatient-闇の病棟-』記録、いかがでしたでしょうか。

※この記事から見た方は記録1~最終回を先にお読み下さい。

かゆうま日記風に書くつもりが殆どストーリーになっちゃいました。しかも最後ああなって誰が記録書いたんですかね?

で、『The Inpatient-闇の病棟-』のストーリー、わかりました?

私、自分で書いてて途中でよくわからなくなりました。

今作は所謂アドベンチャーゲーム(以下ADV)なので、会話選択によってセリフが変わります。和ゲーのADVでは選択によって進行が大きく変わったりするイメージですが、このゲームでは進行やストーリーが大きく変わることはないようです。ただ、選択によって友好度みたいな物があるので、そこで下手するとキャラクターが死ぬ場合がありますが、それもプレイヤーが気をつければ死なないです。エンディングへの分岐点も一つだけです。

今回私が書いた記録は、色々なパターンをプレイしてまとめて作りあげたものです。後半主人公の心情などをちょっと脚色していますが。少しOUTLASTをオマージュっちゃいました、気付く人いるかな~。ちなみにグッドエンドルートに向かったのに最後死んだパターンで書いたので、さっさとケーブルカーに乗ればグッドエンドとして生きて帰ります。ただし警察の取り調べで圧力をかけられ記事を書かないと約束するか、書くぅ!と言い張り精神病院に入れられるかなので、グッドエンドとは何なのかという感じです。

記録のパターンは「主人公:女」、「ベネットを生かす」、「デイビッドとビリーを死なせる」「最後にケーブルカーに乗らない」というストーリーで仕上げました。

次回、まだまだ続く『The Inpatient-闇の病棟-』特集。

このサイトへの検索ワードが「スカイリム妊活」だらけだけど気にしない!








Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply



2016.06.08設置

Designed by Akira.

Copyright © ★dumb-bunny gamer★ All Rights Reserved.

※当ブログの文章・写真の無断転載および無断リンク禁止※