The Inpatient-闇の病棟- ストーリー最終話

注意:『The Inpatient-闇の病棟-』のプレイに基づいて主人公の記録風に書いております。完全ネタバレなのでご注意下さい。
注意:この作品はホラーゲームです。


記録1はこちら
記録2はこちら
記録3はこちら
記録4はこちら

- 最後の記録 -

ti5_1.jpg

ホテルの地下道を進んだ先にベネットがいた。

ベネットは先程の態度をモズリーに謝っていた。

スザンヌは彼女の精神不安定さと酷い顔色を栄養失調じゃないかと言うが、たぶん違うと思う。

私達はホテルの最上階にあるケーブルカーを目指して歩いた。

冬場閉鎖されているホテルの地下室は綺麗に片付いていた。ビクターが管理をしているからだとモズリーが言った。

フロアへ到着すると、すぐ外に警察が迫ってきている声が聞こえた。

ti5_2.jpg

私達は急いでエレベーターに乗り込んだ。

エレベーターのボタンを迷って押しているうちに警察が戸を蹴り開けて来てしまった。

旧式のエレベーターの扉が閉まるのは遅い。警察は容赦なく発砲をした。

ti5_3.jpg

警察が撃った弾は中央に立っていたデイヴィッドに命中してしまった。

モズリーがベネットに「デイヴィッドを診てやってくれ」と言ったが、ベネットは何もしなかった。

ホテルの最上階に到着したものの、先程銃撃を浴びたせいかエレベーターの柵が開かなくなっていた。

向こう側にはすぐケーブルカーが見えるのに。

と、急にエレベーターが動き出した。

「警察がエレベーターを呼んだんだ」 デイヴィッドが息も絶え絶えに呟いた。

扉が開くと煙幕が張られていたのか煙っていて何も見えない。

私達が咳き込んでいる間に二人の警察官が銃を手に現れた。警察無線からは「全員始末しろ」と聞こえた気がする。

ti5_4.jpg

警察が発砲するよりも早く何かが警察官の背後に飛びかかった。

化け物…ウェンディゴだ。

モズリーの声で急いでエレベーターの扉を閉めた。

ti5_5.jpg

この騒ぎの中、ベネットはジッと私を見ている。

ベネットは私の正体を知っていた…だからあんなに思い出したかどうか探ってきたのだ。

ti5_6.jpg

エレベーターは客室の階に止まり、ホテルの管理をしているという男、ビクターが現れた。

私が金を渡した男だ。

こんな非常事態でも私とは目を合わせない。これまでどれほどの悪事を手伝ってきたのだろうか。

ビクターとモズリーが力を合わせエレベーターの柵をこじ開けた。

ビクターがエレベーターに乗り込んだと同時にウェンディゴが現れた。

ti5_7.jpg

ウェンディゴは動いていたビクターに目をつけていた。

早く閉めろという声を聞きつつ、私はエレベーターの扉をすぐに閉めなかった。

ウェンディゴはビクターを掴み引きずりおろした。

エレベーターの扉が閉まる頃には、廊下の奥にビクターの体が転がっていた。


ケーブルカーがある最上階待合室についた。

モズリーとスザンヌがデイヴィッドを支えて待合室の椅子に座らせた。

出血が激しく、デイヴィッドは息絶えた。

スザンヌは私をなじった。

ti5_8.jpg

ベネットは既に人間ではないような動きをしながらエレベーターを降りた。苦しそうだ。

モズリーが礼拝堂で話していた。ウェンディゴは“人が人の肉を食らう事で呪いが発動する”と。

ベネットは何度も「ブラッグのせいで」と言っていたが…。

ti5_9.jpg

ベネットのおかしな動きにスザンヌが怯え、あの化け物になるのではと声をあげた。

モズリーも既に気付いていたようで、ベネットはこの先連れて行かれないと言った。

ベネットもわかっていたようだった。「ブラッグの実験のせいでこんなことになるなんて」と言った。

ケーブルカーは自分が動かすから早く乗り込めと彼女は言った。

皆はケーブルカーに乗ったが、私は制御室にいるベネットに話しかけた。

ti5_10.jpg

早く乗りなさいと言うベネットに私は説得した、一緒に行こう、と。

ウェンディゴに転化しそうな彼女を何故連れて帰れると思ったのだろう。

それでも彼女を一人置いていくという事が嫌で、もう少し耐えられそうなら一緒に行けると思った。

「帰ればこの事を記事に書けるでしょう!これが最後よ、早く行きなさい!」と私に背を向けたベネットが力を振り絞るように言った。

ベネットも一緒に帰れば生き証人になるのではないだろうか。

私は動かなかった。

「行けと言ったのに…」

ベネットが喘鳴と共に大きく肩を揺らし振り向いた。

ti5_11.jpg

気が強くて勇気があって仕事熱心なベネット。

もし違う場所で出会っていたら、私達は友達になれたかもしれないのに。


おわり









Comments 2

There are no comments yet.
283cat  

ベネット怖すぎ。
ブッツリと終わってしまうんですね。
続きありそうだけど。
サイトデザインも日々進化してますな。
やるやるー。

2018/02/14 (Wed) | EDIT | REPLY |   
ブログ主  
最後までお読み頂きありがとうございます

女ベネットは怖いですね、また別の記事で書きますが。
バッドエンドルートなのでぷっつり終わります。でもグッドでもわりとブッツリですが。
ブログ模様替えしましたーデザインDLしてちょっといじっただけですが…苦手なのでちゃんとできてるのか不安。

2018/02/14 (Wed) | EDIT | REPLY |   

Leave a reply



2016.06.08設置

Designed by Akira.

Copyright © ★dumb-bunny gamer★ All Rights Reserved.

※当ブログの文章・写真の無断転載および無断リンク禁止※