『Until Dawn - 惨劇の山荘 -』

2015年08月29日
Until Dawn-惨劇の山荘-
☆☆ネタバレ有り☆☆

Until D_2




二周目後半にさしかかりました。今回は「結局このゲーム何なのか?」を中途半端プレイの私が語ります。

【発売前の私のイメージ】
山荘に集まる若者たち、山に謎の殺人鬼が潜んでる的な話になる。まず誰か消えたもしくは殺された、犯人は誰なのか、仲間の誰かが犯人なのかもしれない。疑心暗鬼に陥り仲間割れするメンバー達。怪しげな人物がチラチラ見え阿鼻叫喚、それが犯人だと逃げるも真犯人にまんまと捕まり虐殺される。生き残るのは誰か、そして犯人は誰なのか?!プレイヤーの選択によってストーリーが分岐、生存者も犯人も変わるマルチエンディング……てなイメージだった。

【プレイ後(ネタバレ)】
山荘でバケーションを過ごす若者達。いかにもいじめられキャラな少女ハンナは、想いを寄せていたマイク(エミリーという彼女持ち)に部屋に呼ばれドキドキしながら部屋に訪れる。マイクに促されハンナが照れながら服を脱ごうとすると、ベッド下やクローゼットから友人らが録画し笑いながら出てくる。マイクの意味深呼び出しは実は友人たちが仕掛けた罠だった。単なるお遊び、からかっただけ、彼女持ちの男を好きになるハンナがいけないなど悪びれた様子がないメンバー達。恥ずかしくて山荘を飛び出した妹のハンナを姉のベスが吹雪の中追いかける。吹雪の中でやっと二人会うも、何者かに追われ崖から古い炭鉱跡の穴に落ちてしまう。雪の中に見える謎の炎、ガスマスク姿の男。

それから一年後、ベスとハンナは依然行方不明とされている中、二人の兄ジョッシュが「またみんなと集まりたい」と一年前と同じメンバーを山荘に招く。いまいち気の進まないサム(♀)、ジョッシュと仲の良いクリス(ちなみに二人は一年前のいたずらには関与していない)、ジェシカ(マイクの今の彼女)、マイク、マット、エミリー(マイクと別れマットと交際中)、アシュリー。

Until D_156

Until D_14

Until D_13


書くの面倒になってきた。細かい事をはぶいてさっさと書くと、

山荘で起こる幽霊騒ぎや次々に起こるポルターガイスト現象。捕らえられたジョッシュが、クリスとアシュリーの目の前で電動ノコギリで切断されるなどありパニック状態の二人。サムは風呂入ってる。マイクとジェシカは離れのコテージで何者かに追われジェシカは連れ去られる。マットとエミリーは(マットが持たされたが忘れてきたエミリーの)鞄をとりに二人で利用してきたケーブルカーまで戻る。途中、逃げてきたクリスとアシュリーから惨劇を聞かされ動揺するマットとエミリー。「この山には殺人鬼がいる」。

Until D_9

Until D_8

マイペースに風呂はいってたサムも、ついに殺人鬼っぽい人に追われる。

Until D_11

Until D_10

いっぽうマイクはひたすらジェシカを追い、突然のアンチャーテッド。ただし一般人なのでもっさりしているところがリアルである。そういえばアクションゲームの主人公は超人だもんなーと思い出す。

Until D_7

などあったが山荘で起こった恐怖現象は全てジョッシュが用意周到に仕掛けた作りもの。殺人鬼っぽい人物だったのはジョッシュ。ありがちな妹の復讐。自分が切断されたかのように見せたものも、豚の臓物を詰めて作った作り物の胴体。ジョッシュは実際にはメンバーの誰も殺してはいない(殴ったりはしたけど)。

一方外では他のメンバーが得体の知れない何かに追われ、次々と恐怖な思いをし鉄塔から落ちたり炭鉱に落ちたりと、普通それで死んでもおかしくない状態になっている。

Until D_3

Until D_6

Until D_5

早い話が謎の殺人鬼と追跡者の正体は、クリーチャー化した元人間。↓これ

Until D_4

人間の知能を持ち合わせたまま肉体が強化され、火であぶらないと死なない怪物『ウェンディゴ』。壁伝いに素早く動き、跳ね襲い掛かってくる物凄い身体能力を持っている。炭鉱に落ちたベスは即死、ハンナは生きていたが救出されなかったため空腹に耐えかねベスの肉を喰らいウェンディゴ化していたのだった。冒頭に出てきたマスク姿の火炎放射器を持ったおっさんは良い人で(実は犯人じゃない感がわりと早い段階で感じる)、この怪物達を始末し、ここは危険だと若者達に警告しに追い回していた(早よ言えって話)。火炎放射器のおっちゃんは言う、「この山に住んでいた先住民の呪いは完全に封じる事はできない」と--。そんな頼もしい感じで現れたおっちゃんはプレイヤーの操作関係なくあっさり殺される。元々先住民の神聖な土地であった山を掘り起こしたゆえに呪いが放出されたとされている。何故ウェンディゴが何匹もいるのかというと、炭鉱の事故で生き埋めになった人達が飢えに耐えかね…そういうことです。要するに人間が人間を食べてしまうと呪い発動でクリーチャー化するようです。

そんな感じです。自分の説明の下手さに途中で挫折しました。

ちなみに初回プレイで生存者は2名(3名になるのか?)、サムとクリスでした。たぶん初回プレイ、この組み合わせが多いのでは。基本的に途中やり直し等していません。

たぶん、トレーラー等を見て大部分の人が思うのと違うゲームだと思います。ホラー…ホラーか?まぁ…ホラー?

バタフライ・エフェクトがあまり活かしきれてない感じがしますが、「あー!あそこで選択あやまったー!」ってのはありました。一切攻略とか見ないほうが楽しめるでしょう。ネット見ていたらかなり不評な様子ですが、個人的には面白かったです。たぶん30代以上の人はわりと楽しめるんじゃないかなー。刺激を求める人にはあまり楽しめないでしょう。私ももっと思わず声あげるのを期待していましたが、そういうのはなかったです。そして国内版はグロシーンが全て暗転なため、途中何が何だかわからないような所があります。ああたぶん、グロい死体があるんだなぁという事しかわかりません。その他の部分がグロいかと言ったら、まぁ一部はそこそこ。バイオハザードのが全然グロいです。ゴキブリは出ます。ピエロ恐怖症の人もやや危険でしょう。吐くシーンはありませんので嘔吐恐怖の人は安心してください、たぶん。

過去には戻れない、選択肢によって運命が決まるという、いつものゲームみたいに簡単にセーブやロード繰り返せないよ(実際手動でできるんだが)という、人生にやり直しはきかないんだよというメッセージ性を感じます。が、ゲームプレイヤーはそんなん誰も気にしてない感じがします。。動物を殺してはならないというコンセプトに関しては私の中で凄く高評価です。

基本的なストーリーは一本です。誰が死ぬか生きるかのみで、ストーリーがまるっきり変わるというのはありません。

前回幸福な消失でやらかしたので、今回は英語音声で始めましたがそれが良かったっぽいです。ただし字幕は見づらいです。二周目、日本語音声でやっていますが、ジョッシュ役に阪口周平さん出てるじゃないですか!。演技は抜群なので安心です、声的には映画『クロニクル』思い出しました。その阪口さん声がクリスクリス言うので、ちょっぴりニヤっときます。声好きがあったおかげで倍楽しめました、ありがとうございます。

全世界のプレイヤーがどの選択肢を選んだかという「統計表示」を出す事が設定でできます。それはちょっと面白かったです。私はわりと少数派を選んでいる事がわかりました。けっこう自分の分析になりました、変な所慎重で大事な時にアバウト。まんま私じゃないですか。そういう結果とかも表示されたら面白かったですね、「あなたは○○なタイプですね」とか。

画質と音響はかなりレベル高いと感じます。結局、オススメかどうかは・・・・・・うーん・・・(笑)。定価の価値はない…かも。私はポイント利用で安めに購入しているため何とも言えません。

お暇ならどうぞ








Posted by litsuking

since December 4,2014


2016.06.08設置

※当ブログの文章・写真の無断転載および無断リンク禁止※