★dumb-bunny gamer★

ARTICLE PAGE

『Outlast2』雑記録その1

ブログ再開しました。改装中って書いていたのに何も変わってない。
途中までやりかけたんだけど、クソ面倒くさくなって前のまま続ける事にしました。

再開後一発目はOutlast2の雑記録です。スクショだけは半月ほど前にブログ用にアップロードしていたものの、もう殆どプレイ内容を忘れかけています。またただの雑感想なので、ストーリーの解説や真面目な考察は致しませんゆえ、内容を知りたくてこちらに来てしまった方は他をあたってください。しかし今作はカルトと性・妊娠・トラウマ等とネタが濃く複雑なので、単なる雑感想を書くにも苦戦。内容に関しては、Outlast2で検索すると上の方に出て来るサイト様がとてもわかりやすいのでそちらへどうぞ←

※一応ネタバレ注意※閲覧注意※

outlast2_1.jpg
スタート画面に表示される非常に簡潔でわかりやすい注意書き。単なる注意書きではなく、「極上の恐怖をお楽しみください」の表記がとても良いです。実際の事件をモデルに作られたと知って少々ビビるブログ主。グロ苦手なのに懲りずに2もやるという。1,DLC,2がセットのディスクだからしかたないね。

outlast2_2.jpg
ストーリー・内容に関して前情報を入れずゲームを始めたブログ主。主人公(プレイヤー)が既婚男で奥さんとどうたらこうたらという流れっぽい時点でもうバイオ7を思い出してしまう。登場人物はまたジャーナリスト。ジャーナリストなら勝手にどこへでも踏み込んでもOKな設定、便利。ヘリ上空からカメラマン兼、夫(!?)の主人公は奥さんを舐め回すように録画、じゃなくて謎の事件追う取材を行っている。この奥さん、洋ゲー的女性キャラって顔で好み。見るからに気が強い感じのね。

こちらVR対応ソフトということで、VR向けの視野と演出のためしょっぱなから違和感。通常の画面でプレイしていると、妙な「間」と過剰とも言える演出を感じる。

outlasut2_01.jpg
謎の光にぶち当たり(?)ヘリは墜落(カプ○ン製!?)。ヘリ墜落時に主人公は子供の頃の学校の記憶の中に飛ぶ。この学校パートが非常に不気味。小学生時代に、主人公と主人公の妻の幼馴染のジェシカという少女の身に、何やら起こったらしい。

outlast2_3.jpg
過去の記憶から現実に戻り、奥さん行方不明で主人公の孤独な探索が始まる。この主人公、眼鏡のため眼鏡を落とすと視界がボヤけてしまうという、VR画像ごまかしのためだろうかと深読みをしてしまう。当初工場に取材に行く予定だった場所に不気味な集落のような村を発見する。ファックファック言いながら主人公は薄暗く不気味な村へと入っていく。宗教系で謎の村といえばバイオ4しか思い出せないバイオ脳。

謎の村の小屋の中に入ってお部屋探索…とか言ってる暇もなく、もういきなり逃げよ隠れよが始まってしまう。窓を開けて入ってから窓を閉めたり、扉に鍵をかけたりできるんだねーとか言ってる間に洗脳された村のおっさんが窓から入ってきてグサグサしてくる。

outlast2_4.jpg
洗脳されているとは言え、普通のおっさんに普通に殺される。前作の精神病棟の不気味な感じとはまた違い、怖いというよりむしろムカつく。何か単純に見つかって普通に殺されたな、みたいな。

outlasut2_00.jpg
扉をちょっと開けて覗くという操作もできるものの、どちらにしろすぐバレるという、スリルというより「あっ、見えてましたよね~ですよね~やっぱり~あぁぁ…(グサグサ)」みたいなしょーもない感覚に。ちなみに前作より隠れ場所は増えたものの(ドラム缶の中とか)、結局逃げたほうがクリアには早いという感じ。

outlasut2_02.jpg
村をコソコソ進んでいると度々強い光を浴びる。そして主人公はまた過去の学校内の場面に戻る。主人公と妻リンとジェシカ、3人の写真。妻は冒頭のヘリの中で「ジェシカの事は子供の頃のことで忘れてしまって…」と言っていた。ジェシカは何らかがあって、校内で首を吊り死んでいた…。いじめ?それともリンと、幼いながらに三角関係のもつれ?

こうして主人公は現実と過去、両方の世界で彷徨い恐怖に襲われる。ていうかいちいちシーンが切り替わって目が酔う!学校パートは主人公の幻覚のようなのでビデオカメラが度々ぶれたりノイズが入ったりと非常に見づらい。前述したようにVR対応でもあるため、ヨロヨロと画面が揺れたりボヤけたりと前作より非常に酔いやすい演出となっている。

そして今作でもバグりは絶好調。暗転のまま何も起こらなかったり穴に引っかかりどうにもならなかったり、前作よりセーブポイントが微妙な位置だったりするので変な場所で進行不可になるとけっこうきつい。

outlast2_6.jpg
途中、何とまともなおっさんが助けてくれる。このおっさんの名前はイーサン。バイオ7主人公の名前なのが笑い所。彼は、主人公達が追っている事件の被害者(死亡)の父親であった。イーサンは主人公を地下室で休むよう隠してくれて、やってきた追跡者に半殺しにされてもなお主人公をかくまい無残に殺されてしまう。主人公はこの生命の恩人の無残な遺体をしっかり録画し、「娘と会えたかな。あんなにされてまで俺をかくまってくれて感謝だなぁ」と淡々と小屋を出る。この淡々とした感じ、バイオ7のイーサンを思い出さなくもない。

outlast2_8.jpg
このおばさん見ると無性にバイオ4がやりたくなった。に、しても前半の村パートはひたすら村のおっさん達から逃げて隠れて進んでいるので「これ何の話だっけ?」とビデオカメラ片手にハァハァ進んでいる事がややアホらしくなってくる。というのも、ビデオ録画は録画ポイントを写した(目視した)時にだけ行われるシステムのため、ストーリー中にプレイヤーが自由に録画できるわけではない。そしてそのビデオをいちいち再生しチェックしないと、ヒントやプチ解説がわからないのである。主人公に対し「おまえさっき撮ってる時何も言わなかったやんけ」とつっこむポイントである。

何か序盤だけで長々とわりと細かく書いてしまったので、一回で終わらせるはずだったけど一旦切ります。
後半はもっとすっ飛ばして書きたいと思います。

次回に続く。
スポンサーサイト
※一部の機種からコメントが書けない場合がございます。一旦送信を押した後に出る確認画面で書き込めますので、お手数をおかけしますがそちらからお願い致します。



ブログ主もAmazonプライムに入会しています。音楽聴き放題海外ドラマ見放題!オススメ

XBOXONE Outlast2 アウトラスト2

0 Comments

Leave a comment


2016.06.08設置
  


にほんブログ村 ゲームブログへ

※当ブログの文章・写真の無断転載および無断リンク禁止※
当ブログはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。